委員会活動

当施設では、下記の委員会の活動により、より安全快適な居住空間の実現をを目指し運営しています。
(委員会活動一覧には、実施予定のものを含みます)

排泄・褥瘡防止委員会

排泄・褥瘡防止委員会としては、利用者様に対して「生活の質と予防」に配慮した良質なサービスを提供する取り組みとして、褥瘡が発生しないよう適切な排泄介助を行い、その発生を防止するための職員の知識・スキル向上を図るため、月1回の委員会開催を行っております。

事故防止委員会

事故防止委員会としては、事故を未然に防ぐことを常に意識・浸透させ、常に創意工夫することで、より質の高い介護に繋がるサービスを提供することを目標にし、介護事故防止に努めております。

そのために必要な体制を整備するとともに多職種連携を行い、各利用者様の事故防止対応についても日々検討を行い、組織全体で介護事故防止に努めております。

身体拘束・虐待防止委員会

身体拘束・虐待防止委員会としては、身体拘束のとらえ方としても、利用者様の自由を制限し、尊厳のある生活を阻むものと考え、利用者様にとって安心した「生活の場」の提供を第一に考え、身体拘束ゼロに努めています。

また、虐待防止としても各職員のストレスケアを行うことで介護虐待が起きないように努めております。

感染防止委員会

感染症委員会としては、入所者の生活スペースを清潔に保つことを常に意識し、全職員へ衛生管理の意識を浸透させ、感染症の流行を未然に防ぐように、努めております。

また、世間で感染症が流行する時期に関しては、委員会が中心となり、職員へ呼びかけ・ご家族様への呼びかけを行うことで、利用者の安全確保に努めております。

リハビリ委員会

基本理念である「私たちはご利用者様最高・最良の介護サービスを提供いたします。」の確立・向上の為、広範囲での知識向上、介護技術の向上を図るため施設内における職員の介護技術向上を討議、検討しその効率的な推進を図るため、介護技術向上委員会を設置し、基本理念の確立・向上の為に向けて介護職員と多職種の専門職との協働のもと介護技術・知識向上に努めます。

※各委員会で定期的に苑内研修を行うことで、職員の意識・知識・能力の向上に努めております。